about MIE Racing

“人と人、そして世界へと繋ぐ掛け橋を担いたい”

この想いを実現化するため、モータースポーツが盛んなヨーロッパ、中世の街並みが残る世界遺産の街、チェコの首都プラハで生まれ拠点を置くレーシングファクトリー。

ワールドスーパーバイクを参戦をメインとし、国内では全日本ロードレース選手権や全日本モトクロス選手権のチーム運営やマネジメントなど多岐にわたります。

そしてその活動を通して、高い意識で門を叩くライダーのワークアウトやサポートをおこない「心・技・体」を磨くことで“人”としての成長を大切に目標へと共に歩みます。
また、ワールドスーパーバイクで得たノウハウを活かしたレーシングパーツの開発から製造、スポーツを楽しむ人へ向けたファッショナブルであり、機能性にも長けているアイテムを販売しております。

Midori MORIWAKI:MIE Racing PRINCIOAL CEO / TEAM DIRECTOR 

20歳の時、父が代表を務める「モリワキエンジニアリング」へ入社。国内外営業及び、レースマネージメント業務を行う。全日本選手権はもとより世界最高峰二輪車レース“MotoGP”のMotoGPクラス・moto2クラスへの参戦、モリワキが設計・開発・販売を行いモータースポーツ普及活動を主な目的として、世界各国でのジュニアカップを普及させ運営と選手権の確立を世界中で行っている。

2015年よりFIMのメンバーとなり、業界外へのモータースポーツ普及活動にも力を注ぎ、2018年3月に更なる業界発展を目指し、株式会社MIDORIを設立。

そして、2019年度より自身のチーム”MIE RACING”をチェコに立ち上げスーパーバイク世界選手権(WSBK)にフル参戦を開始。16年振りに戻ったHondaとタッグを組み、世界初の女性オーナーとして世界の注目を浴びている。