ホンダ青山ウェルカムプラザにて開催されたWSBKチームローンチにてMIEレーシング・アルテア・ホンダチームのラインナップを発表しました。

MIEレーシング・アルテア・ホンダチームの体制発表は、東京のホンダ青山ウェルカムプラザにて関係者が集まる中、チームHRCと合わせておこないました。

チェコ・プラハに拠点を置くMIEレーシングの創設者であり、代表を務める森脇緑にとって、高橋巧とチームメイトとなるスペイン人ライダーのジョルディ・トーレスとのサインを発表するのに最適な環境でした。

高橋選手は、ステージでプロダクションバイク最高峰のレースで駆るCBR1000RR-Rのアンベールをおこない、高橋を含めたMIEレーシング・アルテア・ホンダチームはローンチ後、WSBK公式テストであり開幕戦の舞台であるオーストラリア・フィリップアイランドへ飛び立ちます。
この2日間のテストを終えると、ついに開幕戦が始まります。

森脇 緑

2020年シーズンはホンダやHRCの支えのもと、 世界の舞台でMIEレーシングの名を目にすることを非常に誇りに思い特別シーズンにもなります。この貴重な支援に非常に感謝しています。

ホンダとアルテアレーシングとの強力な関係のおかげで、昨年からWSBKへ参戦し、現在では特別で最新モデルのCBR1000RR-Rを使用して、HRCライダーの高橋巧とサインができました。

そしてホンダ青山ウェルカムプラザという特別な場所で、ジョルディ・トーレスが加わった2020年の体制を発表できたことを光栄に思います。ジョルディは第3ラウンドからチームに合流します。
すべてが新しく、非常に強力なライバルたちが切磋琢磨しているなかで、厳しいシーズンを迎えていることはわかっていますが、2019年のシーズン中に得た経験と知識もあり、これは本当に価値を活かし臨みます。

高橋 巧

WSBKに参戦できて非常に嬉しく思います。世界の舞台でレースをすることは、レースを始めてから夢でした。今ではそれが実現しており、この素晴らしい機会を与えてくれたHRC、ホンダ、MIEレーシングに感謝しています。国際チームでライディングするのは初めてですが、コミュニケーションは良好で、すぐに同じ目標を共有していることに気付きました。大きな挑戦であり、やりがいのあるシーズンになることはわかっていますが、最終的にどこへ行くことができるかを知りたいと思っています。可能な限り最高のレベルに到達するために最善を尽くします。

ジョルディ・トーレス

ホンダとMIEレーシングアルテアホンダチームでチャンピオンシップでレースをすることができ嬉しく思います。私はチームと緊密に連携して、自分の経験を持ち込むだけでなく、チームから学ぶこともあります。お互いの知識や経験を組み合わせることで、シーズンを通じてパフォーマンスと結果を継続的に改善できると確信しています。新しいHonda CBR1000RR-Rに乗ることをも楽しみにしており、チーム、ホンダ、そしてすべてのファンのためにベストを尽くします

 

写真 via:mie.team